お電話でのご予約・お問い合わせ

03-5996-4810

問い合わせ

施設・見どころ

庭園マップ

庭園マップ

赤鳥庵

京都の北山杉を用いた木造瓦葺き平屋建ての数寄屋建築です。池の南側に築かれた石垣の上に位置し、水面にその優美な姿を映しています。

大正7年、鈴木三重吉によってこの地で創刊された子どものための文芸雑誌「赤い鳥」にちなんで「赤鳥庵」と名づけられました。

有料事前申し込みで、茶道・華道・句会などの趣味の集まり、その他各種会合や発表会などにご利用いただけます。

※ご利用については利用申請についてをご覧ください。

表門(長屋門)

桟瓦葺きの切妻屋根に、壁は漆喰塗りの白壁で、訪れる人を迎えます。

日本の伝統的な門形式の一つである長屋門で、北側に受付、南側にお手洗いが置かれています。

六角浮き見堂

池の水際に浮かぶ、六角形の小休憩所です。大海を見るような壮大な眺めを楽しむことができます。

屋根の頂部には、「赤い鳥」をイメージした益子焼の飾りが飾られています。

池

広さ約500㎡、深さ約1.2mの大池です。

赤鳥庵や六角浮き見堂だけでなく、春のシダレザクラや秋の紅葉など季節の移ろいをも水面に映し、四季折々の風景をつくり出しています。

鯉が優雅に泳ぎ、春にはカルガモの親子の姿を見ることもできます。

滝

築山の谷間から流れ出る、深山幽谷を思わせる滑滝です。

高さ4mの滝口から毎分3トンもの水が流れ出ています。

滝見台

池の西側の高台にあり、滝や庭園内が見渡すことができます。また、野点処としてもご利用いただけます。

※有料事前申し込み
※ご利用について詳しくはお電話等でお問い合わせください。

目白庭園を知る

  • 庭園情報
  • 施設・見どころ
  • 利用申請
  • アクセス・施設情報

お問い合わせはお電話・webサイトから
承っております。

03-5996-4810 9:00〜17:00
(毎月第2・4月曜日と年末年始を除く)

Webからのお問い合わせはこちら